2022年第2回の英検を開催しました

10月2日は当教室での英検の日でした。

English Room は英検の準会場に認定されているため、

遠くの知らない会場ではなく、いつもの慣れた環境で

生徒さんたちに試験を受けてもらうことができました。


それでも、やはり試験となると緊張しちゃうものですよね。

みんなが真剣な顔で一生懸命問題を解いている姿が愛おしく、

全員に受かってほしい! と、願うばかりでした。


結果は10月24日に速報がでるまでのお楽しみ(!?)。

英検の合否って、素点の得点だけではわからないんですよね。

なので確実に合格だよ! とはなかなか言ってあげられず、

みんな発表までドキドキして待つことになります。


ただ、厳しいことを言うと、

英検ってマークシートだし、内容的にもテクニックで受かることができるので、

合格したからと言って安心し過ぎないでもらいたいです。

例えば5級は中学1年生で学習する程度の内容ですが、

5級に受かったからと言って、中学のテストで点数がとれるか?

というと必ずしもそうではないですし、

選択問題や、Yes, No, ではなんとなく答えられても、

実際はあんまりわかっていなかったりするんですよね。


逆に言えば、テクニックで受かるようにレッスンで指導することは可能なので、

必要ならば、自信をつけたり、受験に利用したりするために大いに利用してもらいたいと思います。


当教室では、英検コースというのは特に設けておらず、

通常のレッスンの中で時期に応じて準備をするだけですが、

去年の試験では、5級~3級まで合わせて約86%の合格率でした。

3級に関しては、二次試験満点の生徒さんもいました。パチパチ。


英語の学習は、学校のテスト、英検、日常会話、どれも同じ英語のはずなのに、

それぞれ学習の仕方が異なるので、

生徒さんが何を目標にするかによって、指導内容を変える必要があります。

しかし、何を目標とするにしても、

できるだけ「使える」英語を身に付けて欲しいと思っています。


英検の受験についてご質問などがございましたら、お気軽にお問合せください。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この前、中間テストが終わったと思ったのに、 もう期末テストのことを考えなくてはいけないという、 中学生はテストばかりで大変ですね。 English Room の生徒さんは現在、小学生が7割、中学生が3割ぐらいです。 中学生にはどうしても「自立」と「自律」を期待してしまうのですが、 まだまだ13、14歳ですからね、 お節介かもしれないけれど、ノートの取り方まで注文をつけさせてもらいます。 と言うのも

頭の中ではいくつか記事を書いていたのですが、実行できでいませんでした💦 暑い暑い夏もやっと終わり、 当教室では、10月2日の英検に向けてラストスパートの時期です。 中学生は中間テストもあって、なかなか思うように英検の勉強ができなかったかもしれませんが、残り1週間ちょっと、集中してがんばってもらいたいです。 英検はちょっとしたコツである程度は点数が取れるので、 レッスン中のアドバイスをきちんと実行