今年のハロウィンイベント



先週はハロウィン・レッスンとして、小学生クラスではお菓子を作ってお店屋さんごっこをしました。

クッキーを作ったクラスもあれば、カップケーキにしたクラスもありましたが、

みんなそれぞれのお菓子作りを楽しんでくれたようです。


お菓子を作った後はお店屋さんごっこ。

お迎えに来ていただく保護者の方にお客さんになっていただき、子どもたちが作ったクッキーを子どもたちが自分で販売するという企画です。

事前に"May I help you?" や "One hundred yen, please." "Here you are."といった簡単な表現を練習しておいて、学習の成果を披露するところでしたが、

おうちの人を目の前にすると緊張や恥ずかしさで、セリフが出てこなくなってしまう子どもたちなのでした(苦笑)。


子供たちはお店屋さんではあるものの、帰ったら自分で食べられるとあって、自分が食べるべたいものを伝えられるように、"I like this one." という遠回し(?)に自分の希望を伝える表現も練習していたのですが、思いっきり、「これ買って!」に置き換わっていました(笑)


せっかくなのでと、私もケーキをいくつか作って販売させていただきました。以前お菓子屋さんをやっていたので、保護者さんの中にはそのときのお客さんもいらっしゃったりして、喜んでいただけたのがよかったです。


子供たちも、「あのケーキがおいしかった」、「誰々のクッキーがおいしかった」など、またやりたいと言ってくれているので、準備はそれなりに大変なのですが、がんばってまた同じようなイベントがやれるといいな、と思います。

「今週もやりたい。」という意見には、Give me a break... って感じですが(笑)



閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この前、中間テストが終わったと思ったのに、 もう期末テストのことを考えなくてはいけないという、 中学生はテストばかりで大変ですね。 English Room の生徒さんは現在、小学生が7割、中学生が3割ぐらいです。 中学生にはどうしても「自立」と「自律」を期待してしまうのですが、 まだまだ13、14歳ですからね、 お節介かもしれないけれど、ノートの取り方まで注文をつけさせてもらいます。 と言うのも

10月2日は当教室での英検の日でした。 English Room は英検の準会場に認定されているため、 遠くの知らない会場ではなく、いつもの慣れた環境で 生徒さんたちに試験を受けてもらうことができました。 それでも、やはり試験となると緊張しちゃうものですよね。 みんなが真剣な顔で一生懸命問題を解いている姿が愛おしく、 全員に受かってほしい! と、願うばかりでした。 結果は10月24日に速報がでるま

頭の中ではいくつか記事を書いていたのですが、実行できでいませんでした💦 暑い暑い夏もやっと終わり、 当教室では、10月2日の英検に向けてラストスパートの時期です。 中学生は中間テストもあって、なかなか思うように英検の勉強ができなかったかもしれませんが、残り1週間ちょっと、集中してがんばってもらいたいです。 英検はちょっとしたコツである程度は点数が取れるので、 レッスン中のアドバイスをきちんと実行